概要

Orbit 60 シリーズ は機械資産保護、状態監視と高度な診断の未来の形です。単なる保護システムを超えた機能を見てください。

Orbit 60 シリーズ は、ベンタリー・ネバダ社の最新の機械保護システムであり、ワイヤレス状態モニタリング は、お客様のあらゆる重要な機械資産だけでなく、さまざまな産業用途におけるプラント全体の資産に対して、最も先進的なシステムとなるように設計されています。

Orbit 60 シリーズは、完全に分散可能なアーキテクチャに基づいて構築されており、複雑さや場所に関係なくすべての資産を監視でき、本質的にサイバーセキュリティーに対応しています。

System 1状態監視および診断ソフトウェアと組み合わせることで、Orbit 60シリーズは、生産性を最大限に高め、コストを削減するためのプロアクティブなメンテナンスおよびフリート管理プログラムを作成する能力をお客様に提供します。

Orbit 60 Trademarks 2

お客様のニーズに耳を傾けました。

Orbit 60は、60年にわたるノウハウの成果だけではありません。 これは、200を超えるお客様から新しいプラットフォームに必要なものを直接尋ねて得られた成果です。 お客様は私たちに明確に3つの最大ニーズを教えてくれました。

  • 機械保護と状態監視両方のためのサイバーセキュアソリューション。 機械エンジニアだけでなく、データの統合を必要とするOTIT関連のニーズを満たすソリューション
  • フレキシブルにシステムの設置場所やフィールドケーブルの数を設定することにより設置コストを削減
  • プロセスデータを機械監視エコシステムに統合しながら機械データをプロセス制御および監視エコシステムに配信する、より簡単でコスト効率に優れた方法

このようなお客様のニーズとその結果として生まれたテクノロジーに特にフォーカスするために、 Orbit conneX™、Orbit aXess™、Orbit Xtend™ 3つの新しいコンセプトを導入しました。Orbit 60だけでなく、業界でもユニークな革新的な機能です。 そして、このような革新の中で、私たちは自分たちのルーツに忠実であり続けました。ベントリー・ネバダが信頼されるようになった揺るぎない品質、価値、パフォーマンスです。

新Orbit 60シリーズ

ベントリー・ネバダの次世代状態監視、保護、データ統合プラットフォーム

Orbit 60 machine protection system, machine health monitoring, condition monitoring system, asset protection system, bently nevada, cyber security, online condition monitoring, remote vibration monitoring
なぜOrbit 60? なぜ今?

ベントリー・ネバダは業界をリードする 機械保護 および 状態監視ソリューションの歴史に誇りを持っています。

Orbit 60 machine health monitoring and protection device condition monitoring predictive maintenence orbit 60 bently nevada
データセキュア状態監視システム

技術の進歩により、石油・ガス業界では大量のデータセットが絶えず生成されています。

Front view of Baker Hughes Orbit 60 hardware on a white background with readouts showing
お見積可能です!

ベントリー・ネバダは4月上旬にOrbit 60 のお見積 (ATQ)が可能になったと発表しました。 

Cabinet Orbit 60
より少ない予備品!

入力モジュールの選び方

orbit 60 hero 3
Orbit 60シリーズアップデート

システムの基礎 - 出力カード

orbit 60 hero 3
Orbit 60 シリーズアップデート: Q1 2021

サイバーセキュリティ状態監視 !

Orbit 60
Orbit 60 シリーズアップデート: Q2 2021

Orbit 60 構成ソフトウェア

Orbit 60
Orbit 60に興味を持つ3500システムオーナの方への考慮事項
Image
Orbit 60 machine protection system, machine health monitoring, condition monitoring system, asset protection system, bently nevada, cyber security, online condition monitoring, remote vibration monitoring

3500システムの先進的で堅牢な設計のおかげもあり、数多くのお客様に30年間にわたって業界をリードする状態監視をご愛顧頂いてきました。  ベントリー・ネバダのフラッグシップ監視システムである3500は、今後数年間、そして将来にわたって引き続きサポートされます。3500システムは現在完全な製品サポートのステータスにあり、新機能も開発中です。  3500システムにはそのアーキテクチャに組み込またアップグレード機能がありますが、Orbit 60と既存の3500フリートの後継機として比較することが理にかなっている場合もあります。

Orbit 60が適しているかどうかを判断するには、お問い合わせください:

詳細は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

追加の連絡先情報とテクニカルサポート - ここをクリック

Orbit 60 シリーズ 未来の機械状態監視
Orbit 60 シリーズ製品の特長

Orbit 60 シリーズの保護および状態監視システムは、最も重要な機械だけでなく、プラント全体のプロセスで使用される他のすべての機械資産を1つの包括的なシステムで継続的かつオンラインで監視するための、柔軟でスケーラブルなプラットフォームです。

 

  • プラント全体: Orbit 60シリーズの保護および状態監視システムは、重要なアプリケーションとプラント全体のアプリケーションの両方に、連続したオンライン監視システムを提供します。
  • サイバーセキュリティ: Orbit 60シリーズは、初の本質的にサイバーセキュアな機械監視システムです。状態監視モジュールに組み込まれたデータ隔離機能により、Orbit 60は保護システムおよびプラントネットワークからお客様の状態監視ソフトウェアにシームレスに接続し、プロアクティブな監視と診断を行います。
  • API 670 Protection -SIL認定
  • 分散アーキテクチャ: Orbit 60シリーズの分散アーキテクチャでは、ブリッジモジュールを介して複数のシャーシを接続することで、全体的な電気設備設置コストを削減し、アナログのアースループやノイズの問題を軽減します。
  • 業界をリードする機能: 現在の業界標準の2倍以上の性能を備えたシステムインターフェイスモジュール (SIM) は、最大80の動的チャネルのシステムを定義し、すべてのモジュールは単一のSIMで設定可能です。 
  • 高速プロセスデータ統合: 次世代アーキテクチャにより、標準プロトコルを使用したプラント制御システムとの完全な双方向通信が容易になります。この機能により、機械、プロセス、制御システムのデータを1つのプラットフォームに統合してマシントレイン全体を完全に明確にすることができます

Orbit 60は、お客様を念頭に設計および設計されており、安全なデータ統合プラットフォームを備えた次世代の保護と状態監視の市場をリードする革新的な製品です。

シャーシ

Orbit 60シリーズシャーシモジュールは、シャーシの背面に挿入され、配線は背後から接続できます。ラックの前面には、ステータスLED、コネクタ、Config/Runキー、リセットボタン、およびイーサネット接続が用意されています。シャーシには、3 U 10スロット、3 U 19スロット、および6 U 28スロットの3種類があります。

19インチシャーシ (EIAレールマウント、パネルカットアウトマウント、またはバルクヘッドマウント
  • 3U 高 - 19 汎用スロット  
  • 6U 高 - 28 汎用スロット
10インチシャーシ (パネルカットアウトマウントまたは隔壁マウント
  • 3U - 10 汎用スロット

 

Orbit 60 Chassis Options, cybersecurity, advanced machine condition monitoring and protection system
プロセッサ
システムインタフェースモジュール (SIM): 

システムインタフェースモジュール (SIM) は、システムの外部通信インタフェースとして機能します。シャーシが1つだけの場合でも、システムが複数のシャーシにまたがる場合でも、システムには1つのSIMが必要です。 システムインタフェースモジュールは、システムを設定および保守するためのアクセスポイントとなります。

プロテクションプロセッシングモジュール (PPM):

プロテクションプロセッシングモジュール (PPM) は、保護システムのための計算エンジンとして機能し、保護システムおよびアラーム決定のすべての機械測定値を処理します。モジュールは、状態ベースのアラームをサポートします。

コンディションモニタリングモジュール (CMM)

CMMは、システムのデータ収集およびストレージモジュールです。System 1 Condition MonitoringソフトウェアとOrbit 60 シリーズモジュール間の通信をサポートするように設計された専用計算エンジンです。

Orbit 60 System Interface Module, bently nevada condition monitoring solutions, machinery protection system, machine health monitoring
通信
コミュニケーションゲートウェイ (写真) -Modbus (シリアルまたはイーサネット) またはEGD (イーサネット)

コミュニケーションゲートウェイ・モジュールを介して、システムは、外部制御システム、ヒューマン・インターフェース、およびヒストリアンからプロセス・データを取得することができます。

このモジュールは、標準の産業用プロトコルを使用して、外部ホストにも情報を提供します。 CGWは、SIL認定を受けた保護ループの一部として使用するように設計されています。

ブリッジ (発売予定):

ベース間ブリッジモジュールは、複数のシャーシを相互接続してシステムを構成します。ブリッジ接続により、分散システムの構成が可能になります。線形または星形トポロジーに対応可能です。

各ブリッジはローカルシャーシ内のすべてのデータをリモートブリッジに通信し、リモートブリッジはデータをリモートシャーシに中継されます。 このようにして、システム内のすべてのデータがシステム内のすべてのデバイスに通信されます。

Orbit 60 Communication Gateway
入力モジュール
電源インターフェイスモジュール (PIM):

Orbit 60シリーズシャーシは、2つの冗長24 VDC電源入力モジュールをサポートします。2重の電源が供給されている場合、1つの電源に障害が発生しても、システムの動作には影響しません。

トランスデューサ入力モジュール::
  • 負のダイナミック入力 (PAV) / (Prox, Accel, Velom)
  • 負のダイナミック入力 (PAS) / (Prox, Accel, Seismic)
  • 負のダイナミック入力 (PAA) / (Prox, Accel, Aero)
  • 正のダイナミック入力(PVT)
  • 高速キーフェーザ
  • AC LVDT
  • RTD/TC 温度
  • 絶縁 TC 温度
  • 絶縁ディスクリート入力
  • 絶縁プロセス変数  

サポートされているすべてのトランスデューサと測定タイプの一覧については、製品データシート*を参照してください。

出力モジュールとディスプレイ
レコーダ出力 (4-20mA, 1-5Vdc または 0-10Vdc):

レコーダー出力モジュールは、通信バスを介して利用可能な入力モジュールから処理された入力信号を受け入れアナログ信号を出力する8チャンネルのモジュールです。

Relays (Electro-Mechanical Relay or Solid State Relay):

Relay modules provide a set of relays that can be programmed to actuate based on alarm conditions defined in other modules.  They are programmable with standard logic elements to combine various alarms and statuses into relay activation conditions.

External Display:

An external display connects to the System Interface Module (SIM) to display Orbit 60 Series Config software, showing system information such as:

  • System event list
  • Alarm event list
  • All module and channel data
  • Alarm and OK status
  • Nine custom display options 

Use either a 10" and 15"  VGA touch screen displays. Many compact, durable displays are designed for excellent viewing quality in industrial applications. Various 10"  displays are certified for hazardous environments. Each display requires a separate power supply. 

設定ソフトウェア
複数のシステム構成

.Orbit 60シリーズで使用する設定アプリケーションを使用すると、1つのクライアントセッションから複数のシステムに接続し、アクティブな接続済みシステム一緒に複数のオフライン設定ファイルを開いてシステム間で簡単に相互参照ができます。

グラフィカルなシステムおよびリレーの設定:

ドラッグアンドドロップ要素とコネクタを使用して、ページごとに1つのチャネルをグラフィカルに設定することにより、リレーロジックの複数のページを作成および管理します。モジュールのライブラリからコンポーネントをドラッグアンドドロップして、システムをグラフィカルに組み立てることもできます。

現在値とループチェック: 

システム内のすべてのチャネルの現在値データを表示します。ループ・チェックは、システム全体のチャネルから、動的データの棒グラフ、表形式リスト、ライブ・プロットを介して実行できます。

ベントリー・ネバダSystem 1ソフトウェア
ベントリー・ネバダの業界をリードする状態監視ソフトウェアとの容易な統合:

System 1. Orbit 60シリーズCMMモジュールを使用してSystem 1状態監視ソフトウェアを最大限に活用してください。このモジュールには、ビジネスネットワークやその他のシステムからデータを取得するためのサイバーセキュアアプローチを提供するデータダイオードが含まれています。通信ゲートウェイモジュールを使用すると、Modbusのデータを制御システム間で送受信し、System 1に中継することができます。

Orbit 60 Technical Whitepapers

テクニカルホワイトペーパー

ベントリー・ネバダには3つの技術的なホワイトペーパーがあり、技術情報と次のトピックに関する詳細が記載されています。:

Orbit 60 シリーズまたは3500詳細比較 - このホワイトペーパーでは、ベントリー・ネバダのOrbit 60シリーズ機械保護システムと3500システムの違いについて詳しく説明します。

Orbit 60 データセキュリティ状態監視モジュール - このホワイトペーパーは、Orbit 60シリーズ監視システムの状態監視モジュールが、保護機能の動作を危険にさらすことなく、外部ネットワークに完全な高解像度データを持つ安全なソリューションを提供する方法を説明します。

Orbit 60 シリーズ保護スキーム - このホワイトペーパーは、Orbit 60の導入がお客様の資産保護要件をどのように満たすことができるのかについて説明します。

Orbit 60 シリーズサイバーおよびIEC 62443 - このホワイトペーパーは、ベントリー・ネバダのOrbit 60プラットフォームのサイバーセキュリティとISA1 /IEC 62443の技術仕様、および標準との関係を具体的に説明する6部構成シリーズの最初のパートです。

Orbit 60 シリーズ3500 レトロフィット - このホワイトペーパーは、既存のベントリー・ネバダ3500監視システムをOrbit 60に置き換える際の一般的な推奨事項を説明します。ここでの既存の3500システムは、19インチEIAラックマウント、パネルマウント、およびバルクヘッドマウント設置です。

ベントリー・ネバダの営業担当者に詳細を確認されたい場合は、リクエスト・フォームにご質問事項を記入してください。


Get in touch with an expert.

Your request has been submitted.
Thank you for your interest. A specialist will be in touch with you shortly.