Overview

3500システムは、回転している機械のミストリップと誤トリップの両方の検出防止で世界をリードしています。世界中で8万台以上が設置されているこのシステムでは、コスト増を招く損傷を防ぐために、機械の自動保護トリップ設定値が必要に応じて設定されます。

3500システムは、何の理由もなく業務を停止させ、結果としてコストがかかる機能停止や生産上の損失につながる可能性がある誤トリップから、お客様の機械装置とプロセスを保護します。

System 1*ソフトウェアと接続すると、積極的メンテナンスプログラムで使用する継続的な状態監視情報も提供されます。

3500システムには、ほぼすべての機械監視シナリオ用のソフトウェア設定と組み合わされた、業界で最も選択肢が多い機械測定パラメーターが組み込まれています。

Sensors

コミットメント

ベントリー・ネバダは60年以上にわたって機械保護と状態監視の代名詞となってきました。私たちのグローバルエキスパートネットワークは、お客様の最も困難な課題の解決を支援しています。製油所、石油化学プラント、水力発電施設から風力発電所まで、ベントリー・ネバダの資産状態監視は信頼性が高く実績のある振動監視装置と包括的なサービスポートフォリオを提供し、タービン、コンプレッサ、モータ、発電機などの生産資産の信頼性とパフォーマンスを向上させています。

優れた製品群の背後には優れた人々のチームがあります。ベントリー・ネバダのチームは業界で最も経験豊富なチームの1つです。その経験は、お客様の運用のライフサイクル全体にわたってプロアクティブで一貫性のあるサポートに焦点を置いた専任のサービスチームを通じて高品質で柔軟性とスケーラブルなソリューションを提供しています。

3500 Machinery Protection System Product Overview

システム概要
特長

3500シリーズ機械保護監視システムは、プラント全体での保全戦略をお手伝いします。System 1やその他のソフトウェアとの通信が可能で、信頼性が高く、アナリティクスの各種ファームウェアライブラリが搭載されています。

 

  • 高い信頼性とコンプライアンス
  • 互換性と柔軟性
  • System 1との通信
  • 利用可能なオプション
  • 安全性認証済み
ディスプレイ

カラータッチスクリーンとI/Oモジュールを備えた3500/94M VGAタッチスクリーン ディスプレイモジュールは、機械や制御室で3500の重要なデータを表示します。VGAは、3500の振動レベル、システム、アラームイベントリスト、モジュール、チャネル、アラームデータ、9つのカスタム表示オプションを備えています。Direct、1X、Gap、およびアラームが事前に設定された「カスタム」画面では設定が不要なため、セットアップを簡単に行うことができます。2つのサイズ(10インチと15インチ)からお選びいただけ、1つのディスプレイで最大4台の個別の3500ラックのデータを表示できます。ディスプレイモジュールには、ヒンジ式およびラッチ式のフェイスマウントなどのマウントオプションもあります。これらのディスプレイでは危険区域の認証も取得されています。

速度モニター

TACH100デジタルタコメーターは、独立型の速度インジケーターとして、または遠隔速度インジケーターとして常設設置された監視システムと組み合わせて使用できます。この小型のユニットには独自の電源が搭載されており、常設設置の監視システムが離れた場所にある場合や、機械に近接した場所で速度表示が必要な場合に便利です。デジタルタコメーターは、マシンデッキ上で機械の速度を示すローカルディスプレイを提供します。二重聴覚保護が必要な場合、デジタルタコメーターは視覚的な表示を提供します。ワイヤーは、モニターラック上のKeyphasor非接触式近接プローブの入力と並列に接続するか、Keyphasor非接触式近接プローブに直接接続できます。TACH100は、外部電源供給のKeyphasor*非接触式近接プローブからの信号線と共通線を受け入れます。

3500/25 Keyphasor*モジュールは、3500ラックでフェーズ参照情報を提供し(各3500ラックで最大4つのKeyphasorを使用できます)、高度な機械診断を可能にします。非接触式近接プローブまたは磁気ピックアップから入力信号を受信し、1回転あたり1回または1回転あたり複数イベントのパルス信号を正確なデジタルタイミング測定値に変換します。これにより、3500システムは、重要なマシンの動作を決定するカギとなる1X振動振幅やフェーズなどの機械速度とベクトルパラメータを測定できます。Keyphasor測定は、蒸気タービン専用のベントリー・ネバダのタービン監視計装(TSI)のセンサー群の不可欠な部分でもあります。3500システムは、SIL 2認証システムとしてもお選びいただくことができ、複数の危険区域および国別の承認も取得しているため、あらゆる環境に対応できます。

中継器モニター

3500/32M 4チャネルリレーモジュールは、高度な設定が可能なリレーロジックインターフェイスを備えた4つのリレー出力を提供します。4つの出力はそれぞれ、各リレーでアラーム駆動ロジックを構成することにより、個別にプログラムして票決を有効にすることができます。3500/32M内のAlertおよびDangerセットポイントと共にNot OKステータスを使用して、3500機械保護システム内のすべてのチャネルを使用して複雑なロジックを駆動できます。3500/32Mは、高度に設定可能なAND/ORロジックの組み合わせのための使いやすいインターフェイスを提供し、「Normal」、「True」およびANDゲートのオプション、チャネル別ラッチリレーのオプションを含みます。

3500/33 16チャネルリレーモジュールは、高度に設定可能なリレーロジックインターフェイスを備えた4つのリレー出力を提供します。16の出力はそれぞれ、各リレーでアラーム駆動ロジックを構成することにより、個別にプログラムしてAND/ORロジックを有効にすることができます。3500/33内のAlertおよびDangerセットポイントと共にNot OKステータスを使用して、3500機械装置保護システム内のすべてのチャネルを使用して複雑なロジックを駆動できます。3500/33は、高度に設定可能なAND/ORロジックの組み合わせのための使いやすいインターフェイスを提供し、「通常」、「真」および票決オプション、チャネル別ラッチリレーのオプションを含みます。

振動入力モニター

3500/40M Proximitor*モニターは、ベントリー・ネバダ3300XLシリーズのProximitor*からの入力を受け入れ、サイズミックトランスデューサーが信号を調整してさまざまな振動および位置測定を提供し、ユーザーによる設定が可能なセットポイントと調整された信号を比較して、3500リレーモジュール内のアラームを駆動し、ロジックをリレーできます。外部端子および内部バリアバージョンも利用できます。3300XL Proximitorの測定は、蒸気タービン用のベントリー・ネバダのタービン監視計装(TSI)のセンサー群の不可欠な部分でもあります。3500ラック構成ソフトウェアを使用して各チャネルをプログラムし、機械を保護し、ラジアル振動、スラスト位置、伸び差、偏心、加速度、速度、シャフト絶対値、円形許容領域パラメーターの条件を監視します。3500システムは、SIL 2認証システムとしてもお選びいただくことができ、複数の危険区域および国別の承認も取得しています。

ベントリー・ネバダの3500/42M Proximitor*/サイズミックモニターは、3500システム用に4つのプログラマブルチャネルを提供し、Proximitor*およびサイズミックトランスデューサーからの入力を受け入れます。その後、3500/42Mは信号を調整してさまざまな振動と位置の測定値を提供し、調整された信号をユーザーによるプログラミングが可能なアラームと比較します。さらに、3500ラック設定ソフトウェアを使用して各チャネルをプログラムし、機械を保護し、ラジアル振動、スラスト位置、伸び差、偏心、加速度、速度、シャフト絶対値、および円形許容領域パラメーターの条件を監視します。

3500/44M 航空転用形ガスタービンモニターは、3500システム用の4チャネル航空転用形ガスタービン(GT)振動モニターです。この振動モニターは、4チャネルの振動を受け入れます。各チャネルペアは、3500ラックからの最大4つの異なるKeyphasor入力に基づいて独自のトラッキングフィルターを適用できます。モニターは、Velomitor*および加速度計からの信号を処理し、測定値をフィルタリングし、信号統合を可能にし、1X振動トラッキングおよびバンドパス振動を生成します。これは、ガスタービン用途に非常に役立ちます。振動モニターは、General Electric、Rolls Royce、United Technologies およびその他のOEMのガスタービン製造業者の要求に適合しています。

3500/46M水力発電モニターは、水力タービン発電機を保護および監視するために特別に設計されています。3500/46Mは、Proximitors*、サイズミック、動圧、およびエアギャップセンサーからの信号を処理します。DI接点は、ラフロードゾーンなどの機械モードを識別し、データ取得とアラームを自動化できます。外部端子も利用できます。3500/46M水力発電モニターは入力を調整し、信号を水力発電放射状振動(RV)、水力発電エアギャップ、水力発電速度、水力発電加速度、水力発電スラスト、水力発電固定子巻線端部(SEW)振動、動圧のアラーム設定値と比較します。マルチモード設定は、利用可能なすべてのチャネルタイプで使用できます。

位置モニター

3500/45位置モニターは、ベントリー・ネバダ3300XLシリーズのProximitor*トランスデューサー、ロータリー位置トランスデューサー(RPT)、ACおよびDC線形可変差動変圧器9LVDT)からの信号を処理します。3500/45は入力を調整し、調整された信号を軸方向(スラスト)位置、伸び差(単一ランプ、二重ランプ、または相補)、ケース膨張、およびバルブ位置について、ユーザー設定可能なアラームと比較します。これらの主要測定は、蒸気タービン用のベントリー・ネバダのタービン監視計装(TSI)の一連のセンサーの不可欠な部分です。

温度モニター

6チャネルの3500/60(レコーダーなし)は、RTD(抵抗温度検出器)およびTC(熱電対)からの信号を処理します。3500/60は温度または温度差を監視することができ、一般的にAPI670に従ってラジアルベアリングまたはスラストベアリングの金属温度に使用されますが、コンプレッサーの吸排気温度、蒸気温度、モーターステータ温度などの主要プロセス温度にも使用できます。3500/60は入力を調整し、調整された信号を、3500リレーモジュールのアラームとリレーロジックを駆動できるユーザー設定可能な設定値と比較します。外部端子および内部バリアバージョンも利用できます。3500/60と3500/61は同一の機能を提供し、3500/61は6つのチャネルのそれぞれに追加の4〜20mAレコーダー出力を提供します。TC絶縁バージョンは、高速マグピックアップ用途で使用するために必要なことがある250Vdcのチャネル間絶縁を提供します。

6チャネルの3500/61(レコーダー搭載)は、RTD(抵抗温度検出器)およびTC(熱電対)からの信号を処理します。3500/61は温度または温度差を監視することができ、一般的にAPI670に従ってラジアルベアリングまたはスラストベアリングの金属温度に使用されますが、コンプレッサーの吸排気温度、蒸気温度、モーターステータ温度などの主要プロセス温度にも使用できます。3500/61は入力を調整し、調整された信号をユーザーがプログラム可能なセットポイントと比較し、3500リレーモジュールのアラームとリレーロジックを駆動します。外部終端および内部バリアバージョンも利用できます。3500/60および3500/61は同一の機能を提供し、3500/61は6チャネルのそれぞれに追加の4-20mAレコーダー出力を提供しますが、3500/60はそれを提供しません。TC絶縁バージョンは、高速マグピックアップ用途で使用するために必要なことがある250Vdcのチャネル間絶縁を提供します。

ベントリー・ネバダの3500/65 16チャネル温度モニターは、RTD(抵抗温度検出器)およびTC(熱電対)からの信号を処理します。3500/65は、温度または温度差を監視することができ、一般的にAPI670に従ってラジアルベアリングまたはスラストベアリングの金属温度に使用されますが、コンプレッサーの吸排気温度、蒸気温度、モーターステータ温度などの主要プロセス温度にも使用できます。3500/65は入力を調整し、調整された信号を、3500リレーモジュールのアラームとリレーロジックを駆動できるユーザーによる設定が可能なセットポイントと比較します。3500/65は、絶縁チップ熱電対、3線RTD、4線RTD、または絶縁TCとRTD入力の組み合わせを受け入れます。外部端子ブロックも利用できます。レコーダー出力が必要な場合、3500/61 6チャネル温度モニターは、6チャネルのそれぞれに追加の4~20mAレコーダー出力を提供します。

プロセス & 圧力モニター

6チャネルの3500/62プロセス変数モニターは、トランスミッターの4〜20 mAの電流入力または-10 Vdc〜+10 Vdc電圧センサー入力を受け入れ、入力を調整し、調整後の信号をアラームを駆動できるユーザーによる設定が可能なアラーム設定値および3500リレーモジュールのリレーロジックと比較します。3500/62は、流体圧力、コンプレッサーの吸排気圧力、蒸気圧、モーター電流、流量、メガワット、および振動を介して相関させることができる他のほぼすべてのプロセス変数などの主要なプロセス測定にも使用できます。

4チャネルの3500/64動圧モニターは、ガスタービン動圧(燃焼)トランスデューサーからの入力を受け入れ、この入力を使用してアラームを駆動します。モニターは、帯域通過動圧測定変数を生成します。バンドパスフィルターと追加のノッチフィルターの設定可能なコーナー周波数は、必要に応じて調整できます。典型的な用途では、ガスタービン燃焼器の不安定性を特定して追跡します。動圧センサーは、ベントリー・ネバダのチャージアンプ350500または86517を使用し、CPシリーズセンサーを含む多数の一般的な動圧センサーを統合できます。さらに、3500/64は、複数の危険区域および国別の承認を受けており、あらゆる環境に対応しています。

往復動機器向けモニター

ベントリー・ネバダの4チャネル3500/70M往復動インパルス/速度モニター

 

  • ベントリー・ネバダの330400、330425、Velomitor CTなどのサイズミックトランスデューサーから、加速度と速度の両方の入力を受けます。
  • 信号を調整して振動測定値を受信し、測定された変数をユーザーによる設定が可能なアラームと比較します。
  • 必要に応じて、Impulse Acceleration、Acceleration 2、Recip Velocity、Low Frequency Recip Velocityのチャネル機能を設定します。

 

4チャネル3500/72往復動ロッド位置モニターは、ベントリー・ネバダのProximitor*トランスデューサーからの信号を処理して、ピストンロッド位置のモニタリングに最適な測定値を生成します。往復動コンプレッサーの状態に関する重要な気づきを提供します。さらに、各チャネルはロッド位置測定、ロッドドロップ測定、ハイパーコンプレッサー測定を実行するように設定できます。

 

4チャネル3500/77M往復動シリンダー圧力モニター

 

  • 監視の最適化 - ベントリー・ネバダ独自の165855承認のシリンダー圧力トランスデューサーからの入力を受け入れ、API-618サービスの往復動コンプレッサーの状態を監視するために最適化された測定範囲を生成します。
  • 性能の測定と診断 - System 1ソフトウェアとマルチイベントホイールと組み合わせることで、動圧ベースの測定は、コンプレッサーの熱力学的性能の監視、機械の故障モードを特定するために使用される詳細診断と故障凡例に対応します。
  • 複数の測定パラメーターを提供 - 3500/77Mの測定されたシリンダー運転変数には、最大圧力と最小圧力、吐出圧力、吸引圧力、圧縮比、ピークロッド圧縮、ピークロッド張力、ロッドリバーサルの位相角が含まれます。

 

通信ゲートウェイ

3500/91 EGD通信ゲートウェイは、イーサネットTCP/IPとシリアル(RS232/RS422/RS485)通信機能の両方を使用して、プロセス制御とその他の自動化システムを統合します。3500ラック設定ソフトウェアとのイーサネット通信を可能にします。3500/91は、Modicon ModbusおよびModbus/TCPプロトコルとともに、独自のベントリー・ネバダのプロトコルもサポートしています。

3500/92通信ゲートウェイは、イーサネットTCP/IPとシリアル(RS232/RS422/RS485)通信機能の両方を使用して、プロセス制御ネットワークとその他の自動化システムと簡単に統合できます。3500ラック設定ソフトウェアを使用したModbus経由の通信を可能にします。3500/92は、3500ラック設定ソフトウェアを使用して設定することができ、固定または設定可能なレジスタを使用した通信用のカスタムまたは圧縮Modbusマップを作成できます。オーバーオール振動、ギャップ、1X、2X、Smax、チャネルステータス、ラックステータス、トリップマルチプライ、ラックリセットなど、重要なすべてのラック情報を簡単に伝達できます。

アイソレータ&バリア

3500ガルバニックアイソレータは、可燃性環境が生じる可能性がある危険区域での機械の保護と状態監視のために、ベントリー・ネバダのトランスデューサーに本質安全(IS)インターフェイスを提供します。アイソレータには、安全な設置と安全なインターフェイスが付属しています。また、アースレールやバックプレーンなどのアクセサリもお選びいただけます。

3500内部バリアは、3500機械保護システムに直接接続されたトランスデューサーシステムに爆発保護を提供する本質安全のインターフェイスです。外部バリアとは異なり、3500内部バリアはシステムの性能を維持しながら3500システムと統合します。

キャビネット&ハウジング

ベントリー・ネバダ*キャビネットは、すべての3500ラックおよびそれに必要とされているインフラストラクチャを堅牢に保護します。キャビネットは現場での設置を簡素化し、設置された計装を保護し、継続的な使いやすさ促進し、保守を容易にし、計装オプションを含みます。

3500/06耐候性ハウジングは、過度の湿気、埃、汚れ、汚染された空気などの有害な環境条件から3500システムを保護します。オプションのパージシステムは、外部の環境条件などからラックを保護します。ハウジングは、エポキシコーティングの施された鋼または304ステンレス鋼、および複数の危険区域および国別の承認を受けたSIL 2定格システムとして利用できます。

ラック、電源、TDI

3500/15 ACおよびDC電源はハーフハイトモジュールであり、ラックの左側の指定されたスロットに取り付ける必要があります。3500ラックには、ACとDCを任意に組み合わせた1つまたは2つの電源装置を搭載できます。どちらの電源も、ラック全体に電力を供給できます。

3500/15の3500/15 ACおよびDC電源は、広範囲の高または低入力電圧を受け入れ、3500モジュールで必要とされている電圧に変換できます。機械保護システムに最適で、バックアップに必要な場合は1つまたは2つの電源を使用できます。2つの電源装置が取り付けられている場合、下部のスロットにはプライマリ電源が、上部のスロットには冗長電源が収納されます。

3500/15電源は、過渡データインターフェイス(TDI)、個々のモニターモジュール、入力/出力(I/O)モジュール、機械保護および状態監視システムに接続されているすべてのセンサーを含む、ACまたはDC電源を3500に供給できます。ラックの動作を中断することなく、モジュールを「ホットスワップ」可能で、電源モジュールを取り外したり挿入したりすることができます。

3500/05システムラックは、3500モニターモジュールとラック電源をすべて保持し、モジュールが相互に通信できるようにします。System 1ソフトウェアと電源は、必要に応じて各モジュールに電源を分配します。3500システムラックは、蒸気タービン用のベントリー・ネバダのタービン監視計装(TSI)の一連のセンサーの不可欠な部分でもあります。2つのサイズ(標準19インチと14インチ)、3つの柔軟な取り付けフォーマット(ラック、バルクヘッド、パネル)、危険区域用の内部バリアオプションにより、3500/05システムラックをニーズに合わせてカスタマイズできます。このラックには、3500システムを悪環境条件から保護するための耐候性ハウジングも用意されています。3500システムはSIL 2定格システムとして利用でき、つまり、本質的な安全性を提供します。

過渡データインターフェイスモジュール(TDI)とも呼ばれる3500/22Mは、3500ラックシステムの心臓部です。3500ラックパラメーターの設定が可能で、System 1機械状態監視ソフトウェアプラットフォームへのゲートウェイとして機能します。

TDIは、構成に簡単にアクセスできるように正面にUSBポート、System 1と通信するために背面I/Oモジュールに10/100イーサネット接続を備えています。正面のラックリセットボタンによりアラームをリセットし、物理キーを使用して設定の変更をロックアウトできます。

サービス

ベントリー・ネバダでは、機械の状態を最適に保つ3500監視システムをサポートするために、以下のサービスを提供しています。

 

  • ホスティングされたソリューション
  • システム保守&可用性
  • 機械診断サービス
  • 機械健全性監査
  • ベントリー性能監視
  • 先進の分析
  • リモート監視&診断
  • 現場プロジェクト管理
  • システム統合エンジニアリング
  • 設計、設置、試運転
  • サイバーシステム強化
  • サイバー資産リスク評価
ハードウェア

これらのベントリー・ネバダのハードウェア製品は、3500システムと連動します。

 

ソフトウェア

3500システムは、次のソフトウェア製品と連動します。

 

  • System 1
  • 視覚化&管理
  • 分析
  • 接続性
  • 保守&サポート

Get in touch with an expert.

Your request has been submitted.
Thank you for your interest. A specialist will be in touch with you shortly.