DXR デジタル X 線検出器
 
Image
DXR digital detector 140p
当社のワイヤレス統合デジタル X 線検出器の全ポートフォリオ

工業用X線撮影におけるWaygate Technologiesの実証済みの専門知識に基づいており、さまざまな業界のさまざまなお客様成功体験談によって裏打ちされている、当社の最新のワイヤレスデジタルX線検出器の開発は、当社の製品ポートフォリオにおけるごく当然の進歩です。

DXR75P-HRは、溶接検査用のISO 17636-2クラスBをサポートしながら、重要な用途の細部を見極めるために必要な75ミクロンピクセルの高解像度を備え、品質と安全性の両方を確保するための最も厳しい基準を満たす高精度のイメージングを提供します。

DXR140P-HC検出器は、十分に頑丈で、検査タスクに必要な高品質で詳細な情報を提供し、すべての現場検査者が必要とするポータブルさを備えています。

DXR 100S-41M および DXR 200S-41M ソリューションと共に、当社は、既存の X 線設備の改良を目的として、フィルムからデジタル検出器アレイやイメージ増強管ベースのシステムまで、業界で実績のある Dynamic 41 検出器技術をスタンドアロンパッケージとして提供しています。 これらの検出器は、高い感度に加えて、安定した高画質、大きなイメージング領域、速いフレームレート、適応性のあるイメージイングモード、長い寿命を備えています。

Endurance™シンチレーター技術を利用して、DXR250RT は、CsI の一般的な画像遅延の制限なしに、CsI 検出器の優れた画質をリアルタイムで提供し、最適な生産性を保証します。

工業用に設計された DXR500L は、過酷な生産環境で最高の画質を提供すると同時に、微妙な兆候を簡単に検出できます。



DXR 100S/200S-41M


当社は以前はGE Inspection Technologiesという名称でしたが、現在の名称はWaygate Technologiesであり、品質、安全性、生産性の確保において125年以上の経験を持つ非破壊試験ソリューションのグローバルリーダーです。



DXRポートフォリオ
複数の工業用途をサポートします

DXR140P-HC は X 線でも同位体でも使用でき、次のような一般的な X 線撮影アプリケーションに適しています。

  • 石油・ガスおよびエネルギー、稼働中の検査: CUI - バルブの位置決め、WT 計測、パイプサポート、ボイラー管
  • 鋳造検査 
  • 航空MRO 
  • ミリタリーおよびセキュリティ 
  • 構造検査: コンクリート、橋、サポート
  • 科学、芸術、考古学
  • 電力線検査、GIS

DXR75P-HR は、次のようなクリティカル用途に適しています。

  • 石油・ガス、エネルギー、航空の溶接検査: 輸送パイプライン、複合体構造 (スプール)、ボイラー管、燃料パイプ、圧力管、圧力容器、貯蔵タンク
  • 造船所の溶接検査

当社の DXR250U-W および DXR250C-W ポータブルデジタル X 線検出器は、以下の工業用 X 線撮影に最適です。

  • 小型、中型、大型部品の機械的完全性
  • 壁の厚さ、腐食、侵食
  • 溶接品質
  • パイプと管の品質
  • 熱交換器
  • 小口径および大口径配管
  • パイプサポートタッチポイント腐食
  • あらゆる種類の石油化学などの産業環境におけるロープアクセス
DXR75P-HR 高解像度検出器

クリティカル用途の小型の高解像度検出器

  • 75 ミクロンピクセルの解像度が、クリティカル用途で詳細な情報を提供
  • 幅が狭く、検出器の位置が限られている状況に最適
  • 正確なイメージングで最も厳しい基準に対応

用途

  • 石油・ガス、エネルギー、航空の溶接検査: 輸送パイプライン、複合体構造 (スプール)、ボイラー管、燃料パイプ、圧力管、圧力容器、貯蔵タンク
  • 造船所の溶接検査
DXR75P-HR
DXR140P-HC 高コントラスト DXR 検出器

あらゆる用途の X 線撮影に対応する大型の高コントラスト検出器

  • 石油・ガス、およびエネルギー産業における腐食監視に最適
  • 140 ミクロンピクセル解像度の高コントラスト
  • 線量の感度が高く、露光時間が短くなり、迅速なスループットを実現
  • X 線でも同位体でも使用できる

用途

  • 石油・ガスおよびエネルギー、稼働中の検査: CUI - バルブの位置決め、WT 計測、パイプサポート、ボイラー管
  • 鋳造検査
  • 航空MRO
  • ミリタリーおよびセキュリティ
  • 構造検査: コンクリート、橋、サポート
  • 科学、芸術、考古学
  • 電力線検査、GIS
DXR digital detector 140p
DXR250U-W および DXR250C-W ポータブルデジタル X 線検出器

効率的な現場用途の、ポータブルでワイヤレスで堅牢な検出器

ポータブル

  • DXR250C-W 8”x8” 検出器の重さはたった 3.5 kg (7lb) で、厚さは 25 mm (0.98”) です。アクセスが難しく、携帯性が必要な場所に最適です。
  • DXR250U-W の撮像装置サイズは 16”x16” で、重さはわずか 5 kg (11 lbs)、厚さはたった 26 mm (1.02”) です。中型から大型オブジェクトまで幅広い X 線撮影用途に使用できます。

メリット

  • シンプルな操作性で全体の生産性が向上
  • 露光時間を削減し、人の安全性が向上
  • バリケード時間を削減し、検査におけるプロセスの安全性を最適化
  • セットアップ時間を削減し、生産性を最大化

用途

  • 小型、中型、大型部品の機械的完全性
  • 壁の厚さ、腐食、侵食
  • 溶接品質
  • パイプと管の品質
  • 熱交換器
  • 小口径および大口径配管
  • パイプサポートタッチポイント腐食
  • あらゆる種類の石油化学などの産業環境におけるロープアクセス
DXR250 デジタルアレイ検出器

デジタル検出器を使用した NDT 検査テスト

DXR250 デジタルアレイ検出器 (DDA) はアクティブエリアがあり、簡単にフィルム交換ができます。 DXR250は、最適化されたノイズと解像度のパラメーターがある CsI シンチレーターを利用して、幅広い部品や材料タイプに対して優れたイメージングを行うことができます。その特殊な遮蔽により、高放射線の検査タスクでも長い寿命を確保します。

メリット

  • 広いイメージングエリア
  • 優れた画質を実現する CSL シンチレーター
  • 長期間でも安定したオフセットの温度コントローラーで、より一貫したイメージングと少ない較正を実現

用途

  • フィルム交換
  • パイプ製造
  • 大型鋳造物
  • 統合型の操作システム
DXR250 Digital Detector Array (DDA)
DXR250RT リアルタイム X 線デジタルアレイ検出器

リアルタイムデジタルアレイ検出器

DXR250RT リアルタイムデジタルアレイ検出器は、Endurance™ 技術を利用することで微妙な兆候を簡単に検出することができ、特に放射線磨耗を減らし、コスト削減を最大化するために開発されています。 Waygate Technologies の検出器は温度コントローラーを組み込み、より長い較正間隔と素早く一貫したイメージを実現します。 DXR250RT はサイクルタイムを削減して、効率的に適用結果を提供します。

メリット

  • 高解像度で修正を適用しながらも速い画像取得レート (30 fps)
  • 最適な画質とラグを実現する Endurance™ シンチレーター技術
  • 長期間でも安定したオフセットを保つ管理された温度で、より一貫したイメージングと少ない較正を実現

用途

  • 高スループット鋳造物
  • パイプ製造
  • エレクトロニクス
  • 統合型の操作システム
DXR250RT
DXR250 静的デジタルアレイ検出器

最高の画像を提供する静的デジタルアレイ検出器

Waygate Technologies の工業用 X 線検査と CT システムでの使用のために設計された DXR500L は、本番環境で極めて高画質の画像を提供します。 DXR500L は、Endurance™ 技術を利用することで素早く簡単に欠陥を検出することができ、放射線磨耗を減らし、コスト削減を最大化するために開発されています。 温度コントローラーにより、より長い較正間隔と素早く一貫したイメージを実現します。

メリット

  • 微妙な兆候を簡単に検出するための高解像度画像
  • 最適な画質とラグを実現する Endurance™ シンチレーター技術
  • 長期間でも安定したオフセットを保つ管理された温度で、より一貫したイメージングと少ない較正を実現

用途

  • 航空宇宙のインベストメント鋳造
  • 工業ガスタービンのインベストメント鋳造
  • ワックスおよびセラミックパターン
  • 計測
  • 材料科学/地質学
DXR500L
DXR 100S-41M および DXR 200S-41M

業界最高の検出 - システムへの組み込み

DXR 100S-41M および DXR 200S-41M ソリューションと共に、当社は、既存の X 線設備の改良を目的として、フィルムからデジタル検出器アレイやイメージ増強管ベースのシステムまで、業界で実績のある Dynamic 41 検出器技術をスタンドアロンパッケージとして提供しています。 これらの検出器は、高い感度に加えて、安定した高画質、大きなイメージング領域、速いフレームレート、適応性のあるイメージイングモード、長い寿命を備えています。

パッケージソリューションは、航空宇宙、航空、自動車、発電、医療デバイス産業などのエンジニアリングおよび生産施設における用途向けに設計されています。 壁または床に取り付けできる、ピクセルサイズが 100µm または 200µm の当社の検出器の他に、特許取得済みの Rhythm Review および Rhythm Insight RT ソフトウェアを搭載した PC、設置や画像転送に必要なすべての機器が含まれています。   

DXR 100S


よくある質問 (FAQ)
当社のポータブル検出器の主な用途とは?
  • DXR140P-HC は、スピードと X 線撮影コントラストが最も重要となる O&G 用途が主な対象です。 検出器で使用されるシンチレーター画面は、線量変換効率のために最適化され、露光時間が短くなります。
  • DXR75P-HR は、ハイエンド (溶接) 検査用途を対象としています。 これは、線量変換効率よりも SRb (基本空間分解能) を重視しています。 DXR140P-HC よりわずかに高い露光時間が必要となりますが、はるかに高いシャープネスを実現できます。
これらの検出器は同位体と一緒に使用できますか?

できます。両方とも同位体線源と X 線発生器で使用できます。 従来のフィルムと CR のように、DR 技術は同位体と組み合わせて使用すると、X 線撮影のイメージングコントラストが低くなります。 プロファイルの X 線撮影の場合、同位体は内部と外部のパイプ壁 (壁のプロファイル) の定義がより明確になり、より正確な計測結果を得やすくなります。

寿命を最大限伸ばすには?

両方とも高耐久性ケースの中で放射線からしっかり守られていますが、イオン化放射線を適用すると、最終的に検出器の寿命に影響します。 したがって、放射線を検出器にあてるのは実際の撮影時のみにすることが重要です。 不要な直接放射線を検出器にあてると、寿命が短くなります (例: X 線発生器のウォームアップ)。 検出器を直接放射線から守るコリメーター、放射線ビームダイヤフラムおよび/または金属スクリーンフィルターを使用することで、検出器の寿命を最大に伸ばすことができます。

どのようなデータ通信が可能ですか?
  • 完全な有線通信: ワークステーションとシステム制御ユニット (SCU) 間の UTP (LAN)ケーブル接続。SCI と 検出器間のテザーケーブル接続。 テザーケーブルが検出器に電力を供給するので、バッテリーパックを検出に取り付ける必要はありません。 SCU は主電源に接続されます。
  • SEMI 無線通信 1 (バンカーオペレーションに最適): ワークステーションとシステム制御ユニット (SCU) 間の UTP(LAN) ケーブル接続。SCU は、検出器との無線通信のワイヤレスアクセスポイントとして機能します。 バッテリーパックを検出器に取り付ける必要があり、SCU は主電源に接続されます。
  • SEMI 無線通信 2 (フィールドオペレーションに最適): ワークステーションとバッテリー電源ワイヤレスアクセスポイント間の UTP (LAN)ケーブル接続。ワイヤレスアクセスポイントは、検出器との無線通信を可能にします。 バッテリーパックを検出器に取り付ける必要があります。
  • 完全な有線通信 (アドホック): ホスト PC と検出器間の WiFi 通信。バッテリーパックを検出器に取り付ける必要があります。
フレーミングはどう違いますか?
  • フレーム統合: シングルイメージフレームを形成するために、検出器 TFT アレイに蓄積される放射線線量の量に関連します。 フレーム統合が高くなるほど、X 線画像のデジタルシグナルが高くなり、X 線のコントラスト感度と X 線写真 POD が良くなります。 
  • フレームアベレージング: 何らかの理由で、シングルフレームイメージの X 線撮影の画質パフォーマンスが不十分な場合、オペレーターは複数のフレームのアベレージングを決めることができます。 フレームアベレージングを選択すると、SNR 性能と X 線撮影のコントラスト感度が向上します。 ただし、X 線画像の全体の画像強度は変わりません。
  • フレーム蓄積: 放射線量が極めて低い (例: 低線量の同位体) 場合、画像を構築するために統合時間が非常に長くかかります。 統合時間が非常に長くなると、画像内のノイズ要素が画像のシグナルと比例して増え、SNR が低くなります。 最終的な画像を構築するためには、フレーム統合を許容可能なレベルに減らし、複数のフレームを蓄積した方が賢明です。


ご自分の目でお確かめください

Waygate Technologies の担当者に、DXR デジタル X 線検出器のデモンストレーションのスケジュールについて、お問い合わせください。




Get in touch with an expert.

Your request has been submitted.
Thank you for your interest. A specialist will be in touch with you shortly.